<< 道具達を考える3 | main | ブランド嫌い >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

道具達を考える3

 棒浮き・円錐浮き 目的は同じでありながら使う側の意識はかなり違う。

波止のウキフカセの場合円錐浮き派と棒浮き派に別れておるのですが撒き餌との同調では円錐浮きに歩があります、特にジアイの時間帯やる気のあるチヌを喰わせるには磯の流れをくむ円錐浮きでしょうか、ハネ釣りに適している棒浮きはある程度の錘を背負うため同調には少しテクニックが必要になります、潮が飛び気味の時等は棒浮きに歩があります、かなり無茶な這わせ釣りで無理矢理喰わせることも可能です、そうこの『這わせ』が円錐浮きの弱点です波止レベルで見るとかなり『這わせ』ているつもりなのでしょうがなにせ長いハリスで軽い負荷 想像よりもかなり浮き上がっています、段シズを打って無理矢理な這わせ釣りをするような猛者はほとんど見かけません、逆言えば円錐浮きの効果をうまく棒浮きにいかせている釣り人もほとんどいないのが現状です。

ウキフカセというジャンルでみればどちらの浮きにもその効果に魅力があります、どちらの浮きでも欠点を克服できる技があるはず柔らかな頭で見つめ直してみましょう。

今回はウキフカセと言うジャンルに拘ってみました、棒浮きが繊細な前アタリまで演出する魅力はとっても好きなのですが『浮き』の役割を考えるともっと拘るべき点があるのではと考えております。

フム〜中途半端やな〜

at 13:02, ゆうやパパ, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 13:02, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://turikiti.jugem.jp/trackback/180