<< いつの頃からかブラック | main | 魚はソコ(底)にいるか? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

下手なんだわ

まだまだ 防寒着が手放せない季節ですよね、昼間は暖かだったりするのですが。

週末土日両日とも釣りにいけることはほとんどなく仕事や空模様を鑑みながら悩むのである。

春らしくなりつつ桜も咲き始め釣り人もなんだかそわそわ、冬ごもりしていた釣友からもお誘いがかかる、こうなると悩むのだ自分の行きたい時に行きたい場所へ行く?それともお誘いに乗っかって行く??
どちらも楽しいのだが『誘われているうちが華』とついつい電話待ちの状態になる、そう自分からは誘わない。
これが続くとストレスが溜まる、やめておけばよいのだが誘って断られることを考えるとついつい乗ってしまうのだ・・・・・・ああ軟弱ものヨ

先日の日曜は前日朝方までになんとか仕事をこなし ゆるりと寝て午後から釣行を考えていたのだが朝9時過ぎ携帯が・・・『もしもし半夜いきまへんか』とお誘いが『へいへいいきまひょ』馬鹿者である・・・・

シラサエビを購入し1時半の船で波止へ、この日は夕刻より少し雨・雷の予報ってことは風も吹くはず・・・夕刻撤収なんてこともありかもしれない
天気を考えて安全な場所に上がり準備を開始するが予想どおり風が強い浮きが風で流されるガン玉を追加してできるだけトップを沈め影響が少ないようにするのだが時間と共に風は強さを増すばかり上から叩き付けるような風でなす術も無い、3時過ぎほぼ底でハネを釣り『これからか?』と思うも風は激るばかり仕掛け操作も容易ではないほどで ほぼ諦めムード!トホホ

ところが5時近くに状況が好転した風がおさまりつつある半夜に向け今日は短竿を持参していたので早々準備し際に落とす、浮き竿を握っていると短竿にアタリ鈎には乗らなかったがこの明るいうちからアタリがあるとは予想外たぶん撒き餌が際に効いていたのであろう。
再度短竿にアタリで上がって来たのが17cm程のガシラ(のほほ)そこから入れ喰いがはじまった6時半頃までにお持ち帰りサイズが12匹リリースは5匹程、暗くなるまでにほぼ16匹を確保最長寸は24cm程か。
こんな日は陽が落ちる喰わないことが多いのだがこの日もそのケースになり7時にはビタ止まりなる、浮きでチョコチョコ追加してお持ち帰りサイズ19匹総数で25匹ほど十分である。
どうもチヌらしきアタリを2度程逃したようだがあの風では仕方がない、海の顔は少し春らしくなりつつあるようだ。


at 11:27, ゆうやパパ, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 11:27, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://turikiti.jugem.jp/trackback/84