<< タナに迷い | main | TALEX >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

惨敗

 春の陽気である、桜もそろそろ終わりか、この季節の雨は恨めしいのだ。

さて、口調も固く始まったのであるがそれもそのはず、なんともいただけない惨敗をきしたのですよ。

日曜日午前4時15分師匠も含め3名で出発一路兵庫方面へと出発、途中でシラサエビを購入して渡船場へと向かった。
本日はハネ釣り某スポーツ紙の取材を兼ねている、渡船店で状況を確認『はて?本日の満潮は?』潮見表によると午前5時半頃満潮11時半頃が底である一番船が5時半ってことは満潮潮止まりから下げ一本の釣りか。(実はこの時点で気がつくべき事柄があったのですが能天気な小生はノホホンとしていたのですよ)

その事柄とは現地は外向き内向きが釣りが可能で外向きの方が少し深く内向きでも満潮だと6ヒロ半はあるってことは魚は浮いているはず。
昨夜迷ったあげく最初から底狙いと決めたのですがこれも最初の3〜4投でアタリがなければほぼ脈なしと推測できるのです。
これが惨敗のはじまり釣り開始から1時間半を過ぎても誰もアタリがない『時間の問題か?』小生は底一本(アホである)
2時間程してA君にアタリで上げたのがハネで際の5ヒロらしい続いてアタリがあるも素鈎そしてまたもアタリでギリッパネ。
『アタリますよ〜』と言われても時既に遅しやっとこ際を攻め始めるが撒き餌が効くのは早くて30分後、1時間近くかかるとみなければならない『なんともいただけない展開やわ』

そのA君も直ぐに沈黙し喰い気のなさが伺える展開に突入、師匠はちょっと浮気して小生の横に移動7ヒロで誘いだす15分程して師匠の竿が曲がりハネ登場そして小生の浮きが押さえ込まれてハネ登場『やっとこかい』しかし後が続かない。
そんな焦れったい展開の中師匠がアイナメ25cmを上げる『流石でございます』
そしてココからより展開は悪くなる!潮は動かず魚の反応も無い『おいおいマジかよ』それでも開けれるだけの引き出しを開け精神だけは途切れないように釣り続ける、そして10時半少し沖に撒いていた流れで誘った浮きに反応!即アワセも素鈎『トホホ』『いやまだおる』続けて同じ流れで誘いを入れてハネ君登場『フィ〜あ〜しんど』
そろそろ撤収の時間なので浮きを眺めながら片付けをはじめた当然竿は置いた状態であれやこれやしていると浮きの頭が押さえられた『なんでこんな時に〜〜』更に沈む浮きでアワセるも素鈎『この展開なら即アワセせんと乗らんわな〜』

魚の喰い気の問題はあるものの小生の読み違い下手な思い込みが今回の惨敗を招いたことは間違いない、素直に精進し直します。

今度リベンジしたる。

at 21:15, ゆうやパパ, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:15, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://turikiti.jugem.jp/trackback/87